日商簿記1級を独学で学ぼう|努力は裏切らない

婦人

時間が少ない人の対策法

勉強道具

社会人のような勉強時間が限られている方の公認会計士対策は通信講座を利用するべきです。また、通信講座も種類がありますが、予備校の通信講座に通うと専門的なことまで学べるので検討してみるといいでしょう。

詳しく見る

自分で勉強をする

電卓

勉強が大切

日商の簿記を勉強できる場所は、高校の商業科、普通科や専門学校、職業訓練校などです。学校等での勉強も難しいと言われる簿記を独学でする人もいます。日商には、3級から1級があり日商簿記1級はとても難しく合格率も低いです。日商簿記1級を取得することができると税理士の受験を受けることができます。大学に進学していない人や専門学校で日商簿記1級を取得して税理士試験を受ける人も多いです。税理士や会計士、経理などの職業に就く人が受験対象に多いです。独学で勉強する人もいますが、日商の3級から受験して少しずつ受験に慣れていくことも良いでしょう。また、試験内容も確認することもできます。ただ独学で勉強するには、教材が必要です。いまは通信講座でテキストを送ってもらうことも可能なので、自分のペースで勉強がしたいのであれば、通信講座で行なってみましょう。

モチベーションを保つ

日商簿記1級を独学する方法は、教材です。過去に出題された日商簿記1級の試験問題を解くことが重要です。試験問題に慣れることも重要ですが、似たような問題が出ることもあります。基礎を学び、問題を多く解くこと、3級から受験をすることが大切です。3級と2級は試験問題の出題の仕方、解答方法が似ていますが、1級になると違います。どんな試験でも1級は違うと考えておくと良いでしょう。1級は、特別な試験です。過去の試験問題、テキストなどを暗記するほどの勉強をすると合格に近づきます。何度も問題を解いていくと暗記してきます。日商簿記1級に合格して目標達成することを考えながら勉強することも大切です。目標があってこそ勉強する意欲が湧きます。

難易度が高い国家資格

女性

簿記を起点とする国家資格には公認会計士と税理士があり、どちらも難関試験で合格率は低くなっています。他にも、仕事の合間に資格を取りたいのであれば、通信教育を受けてみるといいでしょう。

詳しく見る

一生使える人気資格

男性

通信講座の中で特に人気の資格が調剤事務となっており、調剤薬局で働く方に専門的な知識が身に着けられる資格といえるでしょう。そして、学習範囲も医療事務ほど範囲が広くなく、医療事務の中の薬剤の分野のみですので難易度が低く取得しやすい資格です。

詳しく見る