日商簿記1級を独学で学ぼう|努力は裏切らない

ウーマン

難易度が高い国家資格

女性

簿記を起点とする国家資格

公認会計士と税理士は簿記を起点とする国家資格です。どちらの試験も難易度が高く合格率も低くなっています。独立開業して独り立ちする事のできる資格として有名ですが、公認会計士は社会人になってから勉強する人は少なく逆に税理士は社会人から始める人が多くなっています。公認会計士はその就職先として監査法人がほとんどです。大手監査法人は資格を持つ学生を中心に採用活動を行っています。そのため大手監査法人を目指す学生は在学中に公認会計士の資格を取得し監査法人への就職活動を行う人がほとんどです。しかし税理士の場合には、会計事務所や企業の経理などの部署に所属する人がほとんどです。そのため税理士試験は社会人にも勉強しやすいように科目別の試験制度を敷いているのです。また、通信教育を利用すれば仕事の休憩時間でも学ぶことができるようになるでしょう。

時間のある学生が有利

公認会計士の勉強はすべての科目を一気に受験する必要があるため勉強する時間を確保することが大事です。そのため時間のある学生時代にスクールに通って勉強することが最も望ましい勉強方法となります。最短であれば、1年半程度勉強すれば合格することも可能なのです。スクールとあわせて、通信教育を利用するなど学習方法に工夫を凝らすとより効率的です。社会人になってから合格を目指すことも可能ですが、時間の制約がかかるため合格までの時間は学生よりも多くかかることを覚悟しておく必要があります。公認会計士の試験制度が改訂され合格率が向上することで余るようになっています。大手監査法人の就職率も低くなっており、かつてのように公認会計士の資格を有していれば将来が約束されるようなことは少なくなっているのです。